男性も注意!トリートメントが肌荒れの原因かも!

実は知らず知らずの内にトリートメントが肌荒れを起こす原因になっているのをご存知でしょうか?頭皮に注意が行きがちですが肌荒れの原因にもなっているのです。

今回はそんなトリートメントが肌荒れの原因になっている可能性があるお話をしたいと思います。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-PAK86_dakiyoseru215182313500-thumb-1000xauto-12327

睡眠時に髪の毛が顔にかかる

最近は男性もミディアムヘアなどが人気でパーマなどをかけてオシャレを楽しいでいるかと思います。そしてパーマが落ちて来た時や髪の毛が傷んだ時に行うのがトリートメントですよね。

髪の毛に栄養素を与えるトリートメントですが、最近は流さなくても良いタイプの物が出ている為に洗髪後などに塗って寝る方もいると思います。

実はそのトリートメントによって就寝時に肌に触れている(おでこや頬)為に肌荒れが起きてしまう可能性があるのです。

何故トリートメントが肌荒れの原因

主に考えられる原因としては、枕に原因があるのです。

トリートメントなどをつけたまま寝る場合に枕にトリートメント成分が付着(油性分)し、それが菌を発生させそれに触れている肌に菌が入り込みにきびなどの原因になると言われています。

そして枕を何日も使用する事で繁殖スピードも高まり、肌荒れの原因を加速させてしまうのです。

髪の毛が長い方は直接髪の毛が皮膚に付着して、肌荒れが起きてしまう事も考えられます。これはトリートメント成分は主に油分などである為に肌に直接当たることで刺激を与えてしまい肌荒れが起きます。

そういった可能性もある為に肌荒れとトリートメントには関係があるのです。

対策方法としては?

それでも、髪の毛も労りたいと思うあなたに肌荒れの対策方法としては、まずはトリートメントをつけた髪の毛をしっかりとドライして乾かしてあげる事です。 濡れた状態やトリートメントを塗布した状態は目には見えませんが髪の毛に成分が覆っている状態です。

そんな状態を少しでも和らげるには髪の毛を完全に乾かす事で皮膚に与えるダメージも抑える事が出来るのです。

そしてもうひとつは枕にタオルなどを巻いて日々清潔に保つ事です。トリートメントをつけた枕に直接寝てしまうと何日もトリートメント成分が蓄積されそれが菌を繁殖させるのと人は睡眠時に寝汗をかきそれが枕に付着する事で汚れとして枕に付き不衛生な状態になっているのです。

そういった事を防ぐために毎日タオルを枕に巻いて寝ます。そして毎日タオルは交換して少しでも枕を清潔に保つ事で枕に付着した菌などで肌荒れを防ぐ事になります。

あくまで肌荒れの原因として

今回はあくまでトリートメントなどでニキビが出来る方に向けた内容でした。本来であればあまりトリートメントなどで肌荒れが出来る可能性は低いのですが、人の体質によってはWAXなどでもにきびが出来る方もいらっしゃるのです。

普段からスキンケアもしっかりと行い規則正い生活を送っているのに、肌荒れが出来てしまう方は、こういったトリートメントなどが原因の場合もあると覚えておいてくださいね!

Topへ⇒男美肌ラボ(格安で最強にオススメのメンズスキンケア商品あり)

サブコンテンツ

このページの先頭へ