男性の肌荒れ時に覚えておきたい薬の使用とは!

肌荒れ対策には主に洗顔や化粧水などのアフターケアを重視する方も多いと思います。ですが今回は少し視点を変えて肌荒れに効果がある市販の薬について書いていきたいと思います。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-11-PAK85_syojisaretakomugiko20141103210611500-thumb-1000xauto-5649

薬には同様なタイプがあるの

最初に肌荒れと言っても色々な原因で肌荒れを起こしていると考えられます。そしてその際に薬を使用する場合によっても状況に応じた薬の使用が効果的と考えられます。

では薬には主にどういったタイプがあるかと言うと。

  • 軟膏系
  • 錠剤系

一般的に分類されるとすれば、この2点が肌荒れの薬として市販などされていると思います。

軟膏系は主に直接患部に塗布をして肌荒れに直接働きかけます。

錠剤系は体内からの治療に使用されています。栄養剤もいわば錠剤系のお薬にあたります。

では次に軟膏と錠剤の使用方法についてお伝えします。

軟膏と錠剤では合う合わないが発生する

では軟膏から説明しますと、これは人によっても症状によっても合う人と合わない人がございます。特に敏感肌のかたなどは直接患部に塗布する軟膏は合わない方も多いです。

合わない方の特徴としては、患部に塗布後赤みが発生するケースです。これは肌の組織に影響を及ぼしている為に赤みが出て来ます。※この時に効いていると勘違いしないように注意しましょう。

こういった場合もある為、軟膏系の薬は使用する際にには注意が必要なのです。

錠剤についても、体内に直接働きかける為に過剰に摂取したりすると腸が緩むなど傾向が見られます。ですが一般的に栄養剤なども一種の薬として販売されている為に不足がちな栄養素を補う為に服用する方も多いため、錠剤での副作用的な事は少ないかと思われます。

ですが、たまに風邪薬の錠剤などにアレルギー反応を示す方もいらっしゃいますのでそういった方は錠剤などの薬は使用しないようにしましょうね。

そして薬は効果的なのか?

ここが一番聞いなる部分かと思われます、肌荒れなどで悩む方はすぐにでも治したいと言う思いから、薬なら即効性があると思ってしまいがちです。ですが薬は一時的なしのぎにしかならないと言う事を覚えておいて下さい。

軟膏タイプの場合は直接肌に塗布する為に効果が有りと思いますが、実際には肌に刺激を与えているために本来の肌から完治させる必要があるのです。ターンオーバーがやはり肌荒れを治すには一番なのです。

錠剤に関しても、不足がちな栄養素を補う為に摂取する方は多いですがこれも他の食品をしっかりと摂取しそこに不足がちな栄養素を取り入れる事で効果が発揮されるのです。ただ単に肌荒れに良いと言う理由で錠剤を摂取しても体内に吸収されてその後排出されるだけでおわりますのでそうならないように気をつけましょう。

最後に

薬の使用には賛否両論あると思いますが、どうしてもすぐに肌荒れに効く薬が欲しいと言う方は市販薬よりも医師などから処方される薬を使用する事をオススメします。

市販薬はやはり一般的に効果がある人を対象にしている為と強い成分なども含まれていない為に即効性には欠けてしまいますからね。

Topへ⇒男美肌ラボ(格安で最強にオススメのメンズスキンケア商品あり)

サブコンテンツ

このページの先頭へ