脂性肌の男性にちゃんとした化粧水の使い方はコチラ!

化粧水の使い方によっても、その後の皮脂が浮き出てくることを抑える事ができます。

脂性肌にお悩みのあなたにちゃんとした化粧水の使い方をお伝えしたいと思いますのでしっかりと覚えて皮脂が浮き出てくるのを抑えましょう!

m010-037

化粧水はただつけるだけでは駄目

毎日の洗顔などの後に化粧水などでしっかりとケアを行っていると思います。(行っていない方はしっかりと化粧水を付けて肌のケアをしましょうね。)

化粧水をつけてもつけても、すぐに顔がテカってしまうのが脂性肌の特徴でもあります。でもただ化粧水を付けるだけでは皮脂を多少抑える事ができてもしっかりと抑える事は難しいのです。

なのでちゃんとした化粧水の使用方法を認識して顔のテカりを抑えていきましょう!

洗顔後はすぐに化粧水をつける

では脂性肌の方の化粧水を付けるルールとして基本的な部分ではありますがまずは入浴後でも洗顔後でもすぐに化粧水を付けましょう。 脂性肌の方は皮脂が過剰に分泌される為にお肌が乾燥状態ではすぐに皮脂が浮き出てくるのです。

なので洗顔後などはすぐに化粧水を付けてお肌にしっかりと水分(潤い成分)を補充してあげる事で皮脂が出てくるのを抑える事が出来ます。

ですので入浴後などは髪の毛を乾かした後などに化粧水を付けていた方がいらっしゃったらすぐに付けるようにしましょうね。

それだけでも皮脂を抑える事に繋がりますので。

化粧水はしっかりとお肌に浸透させる!

すぐに化粧水をつけるに当たって、意識して欲しいのがお肌にしっかりと化粧水成分を浸透させる事です。単純に顔にパシャパシャとつけているだけでは毛穴の内部に化粧水が浸透せずに表面にのみ化粧水がついただけではすぐに蒸発してしまい、毛穴内部から出てくる皮脂ですぐに顔がテカってしまいます。

なのでしっかりと化粧水は浸透させる。手のひらや指でしっかりとお肌を叩いてあげる事でお肌内部に浸透させる事で皮脂が出てくるのを抑える事になります。

化粧水をつける時はコットンなども有効

化粧水をつける際は手でつけるのも良いのですがしっかりとつけたい場合はコットンなどに化粧水をしっかりと含ませて顔につけてあげる事でより効果を発揮します。

手のひらなどでもしっかりと浸透させる事ができますが、ニキビなどがある場合はニキビに刺激を与えてしまい潰してしまう恐れがあるからです。

その点で言えばコットンなどでケアする時はしっかりとお肌を叩いて浸透させなくても、お肌を潤わせる事が出来るのとお肌にも優しい為に脂性肌でニキビに悩んでいる方はコットンなどで化粧水を付ける事をオススメします。

脂性肌の化粧水まとめ

化粧水は付けるだけでは効果は半減してしまいます。しっかりと肌内部に浸透させる事で毛穴にまで潤わせる事が大事になります。

これまではただ単に化粧水を付けていただけの方は今日からしっかりと化粧水をお肌に付けて上げて脂性肌の悩みである皮脂を抑える意識をもちましょうね。

皮脂を抑える事はニキビ予防にも繋がりますので毎日のケアで少しづつ改善して、お肌の水分バランスをしっかりと保つようにしていきましよう!

Topへ⇒男美肌ラボ(格安で最強にオススメのメンズスキンケア商品あり)

サブコンテンツ

このページの先頭へ