脂性肌の男性に乳液は必要なのか?気になる乳液の使い方!

毎日毎日しっかりとケアしているのに、すぐに顔がテカってしまい困っているあなた!

実は乳液が原因かもしれませんよ。スキンケアには乳液は必要なのですが脂性肌の方には乳液との大事な付き合い方がございますのでその辺りをお伝えしたいと思います!

https---www.pakutaso.com-assets_c-2013-11-OZP_sagyougaowattehitoiki1188500-thumb-1000xauto-3802

脂性肌に乳液は逆効果?

そもそも普段からすぐに顔がテカってしまったり、脂性肌ってのを理解出来ているあなたは乳液が必要かどうか疑問に思う場合があると思います。

そこで脂性肌の男性には乳液は必要なのかといいますと。

答えは・・・必要です。(ですが使い方には注意が必要!)

重要な部分を言いましたのでもう一度いいます!

「使い方には注意が必要!!」

そうなんです!実際には脂性肌の方も乳液は必要ですが、少し通常の方と使い方が違うのでその部分を認識して使う様にしましょう。

普通に乳液を塗っては駄目

では使い方ですが、一般的には化粧水を塗った後に乳液も顔中につけるのですが脂性肌の方は顔中に塗る必要はあまりございません。

何故なら脂性肌の方は通常の方より皮脂が過剰に分泌される為に乳液を付け過ぎるとかえってベタつきやテカリが気になってしまうからです!

ではどういった付け方をしたらよいかお教えします。

乳液は部分塗りと塗った後の一工夫

脂性肌の方は乳液を塗る際に気をつける事は皮脂が分泌されやすい部分には塗らない方が良いと言う事です。皮脂が過剰に分泌されやすい部分にTゾーンなどが上げられます。(おでこから鼻までがTゾーンと言います)

この部分は普段から皮脂が分泌されやすい為に乳液を塗るとかえってベタつきます。なので脂性肌の方が乳液を塗る場所としては、口周りや目元などの乾燥しやすい部分に塗るのがよいでしょう!この部分は脂性肌の方でも乾燥しやすい部分である為に乳液などでカバーしてあげる事が大切になります。

それでも顔中に乳液を塗る場合には一工夫する事でテカリを抑える事ができます。それは乳液などを塗った後にティッシュなどで顔を少し抑えてあげる事です。

これを行う事でティッシュに余分な乳液や皮脂などを吸着してくれて適度に乳液や皮脂などを残しておくことが出来るのです。※ティッシュの代用にトイレットペーパーでも可能です!

スキンケア時にこの一工夫を行う事で余分な量を取り除く事ができます。

脂性肌に乳液は・・・まとめ

脂性肌の方には乳液は・・・と言う問題については、しっかりと塗る事は禁止ですが部分的であり且つ適度な量を塗る事は必要になって来ます。

本来の乳液の効果としては乾燥肌を抑えると思われがちですが、実は皮脂の分泌も抑える効果もございます。

皮脂の分泌抑える事は脂性肌の方にとってた重要ではあります。ですが乳液を付け過ぎると逆効果になると言う事も覚えておいて下さいね。

適度に乳液を付ける事とつけた後はティッシュなどで余分な部分を取り除く事で適度に乳液を残し皮脂の分泌を抑える事になりますので脂性肌だからと言って乳液を付けないのではなく適量を付ける事で皮脂の分泌を抑えるという認識を持つようにしましょう!

Topへ⇒男美肌ラボ(格安で最強にオススメのメンズスキンケア商品あり)

サブコンテンツ

このページの先頭へ