髭を抜くのは危険!色素沈着が男性を悩ませる!

あなたは髭の手入れをどの様に行っていますか?大抵はカミソリやシェーバーなどで剃る方がほとんどですが中には毎日抜くと言う方も存在します。

こんかいはそんな髭を抜く方に気をつけて頂きたい色素沈着についてお話したいと思います。

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

髭の色素沈着は抜くのが原因

そもそも色素沈着を知らない方も多いと思いますのでご説明しますと、本来肌は周期サイクルで新しい肌細胞が生まれ変わり古い細胞が剥がれ落ちていくと言われています。

肌サイクルの中で古い肌細胞(角質)が肌の内部に残った状態になる事がございます。(これが赤みや黒ずみと呼ばれるのです。)これこそが色素沈着と呼ばれているのです。

では何故色素沈着が起きるのかと言いますと、主に起きる原因としては紫外線などで肌の細胞が壊さえれてしまいそれが色素沈着になってしまう場合ともう一つは体内部の臓器に以上がある場合も発生すると言われています。

ですが今回注意したいのが無理に髭を抜くなどの行為を行う事で色素沈着を起こしてしまうと言う事を覚えておいて欲しいと言う事です。

抜く事による色素沈着

毎日の髭処理の中で抜いている方は、一度抜いてしまえば少しの間髭の処理を行わなくても良いよ考えている方がいらっしゃいます。ですが髭を抜くのは毛穴に対してダメージを与えてしまっています。

そんな傷ついた毛穴に無防備にも紫外線を受ける事で肌へのダメージも大きく色素沈着を起こしてしまいます。

何故髭を抜くと駄目なのか

髭以外にも眉毛を抜く方も多いと思われますが、眉毛を抜いても肌が弱い方以外は基本的に赤くなることはありますが色素沈着までは発生しません。それは髭と眉毛では毛根の太さが違うからです。

髭の方が毛根が太い為に一本抜くだけでも毛穴に対して大きな穴が空いた状態になりそこに細菌などで炎症を起こしてしまうのです。

なので基本的には髭は抜くより剃ると言う事にしておくのが色素沈着の予防にもつながります。

場合によってはカミソリでも発生する。

場合によってはカミソリで剃るだけでも色素沈着を起こしてしまう方がいらっしゃいます。これはカミソリと肌が密着した状態で髭を剃る時に肌を同時に傷めつけてしまう事があるかたです。

そんな方にはカミソリよりシェーバーを使用する方が良いかと思います。シェーバーであればまだ髭に対してのみ剃るので肌への負担も軽減される為に色素沈着などを起こす可能性はカミソリに比べて低くなります。

色素沈着を起こさない方法

では最後に色素沈着を起こさない予防方法をまとめてみました。

  • 髭は抜かずに剃る
  • カミソリよりシェーバーの方が安全
  • 紫外線には十分気をつける

現在、色素沈着で悩んでいる方がいらっしゃれば以上の事を気をつけて頂ければ色素沈着を和らげる事になると思います。

基本的には抜く行為を行わなければ、色素沈着になる事は少ないですがカミソリなどでも自分に合わなければ起きてしまう場合もございますのでご自身に合った肌を傷つけない処理をしっかりとみつけて色素沈着を起こさない様に予防していきましょうね。

Topへ⇒男美肌ラボ(格安で最強にオススメのメンズスキンケア商品あり)

サブコンテンツ

このページの先頭へ